痔ブリールのツレヅレ妊プログ

妊婦・出産・育児、そして痔・・・

妊娠4ヶ月 入院編⑨ 退院&+α

妊娠四ヶ月 入院編

jibrille.jpg

ごきげんよう、皆様。痔ブリールですわ。

お正月二日目、一日目は酒を飲んで終わってしまった方も

二日目は少し控えよう」と思いつつも

やっぱり「正月だからいいか」と飲んでしまう日ですわね。

お正月は自制心クラッシャーですわ。


痔ブリールは酒を飲めないので代わりに雑煮を飲んでいます。

これからの時代「カレーは飲み物」どころではなく

雑煮は飲み物」ですわ。

その立ち姿はまるで相撲取りのよう


さあ、今回で妊娠4ヶ月の記事も終了です。

「~ヶ月」関連は長ったらしいので読んでくださる方も

大変かと思いますが、リアルタイムの更新時に見なくても、

いつか妊娠した方がまとめて読んで参考にでもしてくれたら

いいなと思ってますわ。



妊娠4ヶ月 入院編⑩ 退院&+α


20131227⑧
いろいろ考える余裕が出てきたということですわね

―点滴終了―

入院4日目となるとだいぶ体調も良くなり、

暇つぶして読んでた漫画も読み終わり、

そろそろ退院できないかな~」と思い始めていたのですが、

そんなワタクシの心が透けて見えたのか、

朝方の内診で「退院に向けて点滴から内服薬に変えてみようか」と

先生に言われましたわ。


お願いします」と即答したワタクシに先生も苦笑なさっていましたが、

点滴を止めることとなりました。

ただし、外してまた症状が悪化する可能性もあるので、

点滴の針は刺したままです。


―内服薬―

点滴と同じズファジランの錠剤です。

効能は点滴の時と変わらないので割愛しますが、

変わったのは「副作用」が出るようになったことですわね。

点滴の時は、多少頭痛や動悸は感じても気になるほどではありませんでしたが、

内服薬に変えた途端、結構ひどくなりました。

退院後もしばらく飲んでいたら体が慣れたのか、

あまり感じなくなりましたわ。


―退院―

5日目の朝先生とまた話合い、問題ないとのことで

退院が決まりました。

朝食を取ったあと、いつも午前中に入っていたお風呂も

ワタクシの番は飛ばしてもらい、点滴の針を抜いてもらいました。

そして夫が迎えに来たら、緊急外来の窓口で料金を払って退院!



痔ブリールメモ

5日目の12時前、ついに退院です。

退院している間はずいぶん長く感じましたが、過ぎ去ってみれば

あっという間の五日間でした。


退院後は点滴の針を固定していた場所が傷になっていたのに気づいたり、

洋服ダンスが空き巣にはいられたかの如く乱れていたり、など

細かなことはたくさんありましたが、

まず思ったことは、「やっぱり自分の家が一番いい」ということですわね。


何にもしなくていい入院生活も気楽といえば気楽でしたが、

やはり他人の目を気にすることなく、

家族が同じ空間にいる家が一番です。

部屋はごちゃごちゃして気になりましたが、

ま、いっか」と放置するのもたまにはいいですわね。






ほとんど4ヶ月は入院していた記憶しかないのですが、

退院後、覚えていたことが少々あるのでついでに書いてしまいますわ。


・つわりが軽くなる

入院中は全然つわりがなかったのに釣られてか、退院後もそれ程

気持ち悪くなることもなく、段々と軽くなっていくのを感じましたわ。

料理を毎日作るのは無理でしたが、そこそこ出来るようになったのも

退院後からです。


・お腹が大きくなる

入院していた4ヶ月はじめは外見的な変化はほとんどなかったのですが、

4ヶ月後半から、ぐんぐんとお腹が大きくなって行きましたわ。

服を着てる状態だとあまりわかりませんが、

お風呂上がりに裸で見ると、下腹がふっくらと出ているのがわかります。

嬉しい変化でしたわ。


さて、妊娠4ヶ月の記事もこれで終了ですわ。

そしてその反動のように軽い日常の記事を書きたくなっておりますの。

なので明日からはまたどうでもいいような笑える記事更新ですわよ。


しかしこのペースで生まれる前に9ヶ月分まで書けるのかしら・・・汗

痔ブリールでした。


↑お気に召しましたら「ポチッ」☆彡大歓迎


にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ
にほんブログ村 マタニティーブログへ
↑ランキングに参加しております。励みになりますのでよろしくお願いしますわ!

ボラギノールM坐剤10個

新品価格
¥1,100から
(2013/11/3 21:26時点)

↑ステロイドを気にする妊婦の方にはこちらがお勧め。



妊娠4ヶ月 入院編⑧ 部屋仲間

妊娠四ヶ月 入院編

jibrille.jpg

あけましておめでとうございます。

痔ブリール新年の抱負は・・・特にありません。

子供の頃から苦手なんですわよね、抱負考えるのって。

小学生の頃は6年間「継続は力なり」で通していたので

もう一生これで行きますわ。


新年早々便座に熱烈な抱擁を交わすおにーたまを介抱しつつ、

強制シラフのワタクシは雑煮をすするのみ。

ああ!お酒が飲みたいッ!!!



入院4ヶ月 入院編⑧ 部屋仲間


20131227⑦
「コ、コワイッ!」

―急患―

最初の方の記事でワタクシが「大部屋に一人で貸切状態」と書きましたが、

3日の夜あたりから、私のように急患でやってきて入院する方が

ぼちぼち入り始めました。

他の部屋は出産準備のための待機入院している方達ですので

私の部屋にはそれ以外の方が産科婦人科にかかわらず

入ってきたようです。


4日に入る頃には私を含め6人になり、大部屋は満員に。

ですがおそらく切迫流産で入院しているのはワタクシだけで、

ほかの方は皆婦人系の急患だったように思います。

一日入院して、診察&薬をもらったらすぐ退院した方も

いらっしゃいましたし、

二日入院して手術をしたら退院、という方もいらっしゃいました。


ワタクシが退院する五日目には、もう皆退院して誰もおらず、

来た時と同様に誰もいない大部屋をワタクシは後にしたのです。



痔ブリールメモ


部屋仲間で印象に残っていることといえば、これぞ「ザ・ババア」という

邪悪なババアの特徴をもった方が向かい側にいたことですわね。


もちろん最初はそんな印象はもっていませんでしたわよ?

どうやらその方は何かの手術をするために入院したようでしたが、

それに付き添うはずの旦那様がいつまでたっても来ないようで、

非常に腹を立ててらっしゃいました。


手術に呼びに来た看護婦さんに

夫はいつもこうなんです。時間をきちんと伝えてあるのに。

私のことなんてどうでもいいのかしら。

本当にいざという時役に立たない。

許さないあのクソ野郎。

など夫に対する怒りをぶちまけ、

夫が来るまで待てないか」なども聞いていましたが、

手術の時間をずらす訳には行かないということで、部屋を後にしていきました。


戻ってきた後も、その日はずっと向かいのベッドから

ムカつく・・・ッ

何考えてんの・・・ッ

あいつ・・・ッ

と独り言が呪いの言葉のようにエンドレスで聞こえてきて

ワタクシとしてはなんとも居心地が悪い思いでした。


でも居心地が悪い思いはしましたが、別にそれで「うるさいな」とか

嫌な気持ちになったわけではありません。

手術だなんて不安があっただろうし、約束してたのに来なかったなら

怒るのも仕方がない、とも思いましたし。(怖かったですけどね!)

あったとすればそれは、少々「気の毒でしたわね」という気持ちくらいですわ。


でもそのおばさまの印象が変わったのは、

退院時いざ旦那様を前にした時ですわ。


手術をしてからの2日弱ほど、向かいの方は四六時中(本当に夜中も、何度目が覚めたことでしょう)、

止められない壊れたラジオのように

ムカツク・・・ムカツク・・・」と呪詛を唱え続けていたわけですから、

旦那様と顔を合わせた今、さぞ大変なことが目の前で起こるのだろうと、

ベッドのカーテン越しに戦々恐々としていたのですが、

いざ聞こえてきてきたのは、

ありがとうわざわざ迎えに来てくれてぇ~嬉しい☆彡

という超猫なで声


誰だお前は・・・ッ!



あっけにとられるワタクシは

まあ、旦那さん本人にはあんまり愚痴とか文句とか言わない人なんだろうなあ、

世代的にもそんな感じだし、世代関係なくそう言う人もいるし。


と思ったのですが、そこからは怒涛の文句。

看護婦さんに対しての。


血を取るの超下手くそ

気が利かなくて最悪

この病院は質が悪い

さっきいたあの看護婦さんあれねぇ~

医者が偉そうなのよ

と本人はひそひそ声のつもりなのかもしれませんが、

部屋中丸聞こえ(この時はもうワタクシしかいませんが)。多分外にも丸聞こえ・・・


看護婦さんに旦那の悪口言ってた時とまったく同じトーンで

今度は看護婦さんと病院の文句を延々言い続けています。声はぶりぶりのままで。


ワタクシはそれを聞いてて「出たよ・・・こういうタイプ」と、

昔のことを思い出しました。

昔働いていた職場にもいたんですわよ、こういう

表面上は仲良くしておいて本人のいない所で徹底的にこきおろす

邪悪なババアどもが。


彼女たちは巧みな情報戦を繰り広げます。

派閥を作り嫌いな人間を巧妙に貶め孤立させるそのスキルには

CIAもびっくりですわ。


人の好き嫌い、サービスへの不満、悪口、すべて

誰しもが感じたり思ったりすることでしょうし、

思うこと自体は「そう思ってしまう」んですから仕方のないことです。

ですがそれにもTPOはあるし、人の見ている前で悪意の垂れ流しは

止めて欲しいものです。


人の負の感情を浴びるのって、それが自分に向いてなくても

結構ストレスになりますものね。


邪悪なババアについても痔を語るように熱く語れてしまいますが、

それはまたの機会にしましょう。

ちなみに常識的で良心的な中年の女性は「おばさま」ですので

ババアには含まれません。


痔ブリールでした。

次回は「妊娠4ヶ月 入院編⑨ 退院+α」です。


↑お気に召しましたら「ポチッ」☆彡大歓迎


にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ
にほんブログ村 マタニティーブログへ
↑ランキングに参加しております。励みになりますのでよろしくお願いしますわ!

ボラギノールM坐剤10個

新品価格
¥1,100から
(2013/11/3 21:26時点)

↑ステロイドを気にする妊婦の方にはこちらがお勧め。



妊娠4ヶ月 入院編⑦ 食事

妊娠四ヶ月 入院編

jibrille.jpg

ごきげんよう、皆様。痔ブリールですわ。

とうとう今年最後の日、大晦日ですわね。

痔ブリールは妊娠を理由に今年の大掃除はしなさそうです。

前に張り切って掃除した時、お腹がしばらく張ってしまったので。

普段しない体制や筋肉を使うのが良くないんでしょうね。


さて、今年最後の記事を行きましょう。


妊娠4ヶ月 入院編⑦ 食事


20131227⑥

―献立―

覚えている一日の食事を例としてひとつ挙げてみます。


朝食:食パン二枚、ジャム、牛乳、ヨーグルト

昼食:ゆかりご飯、厚焼き玉子、茹で野菜、煮物小鉢

夕食:味噌汁、ご飯、茹で野菜、春巻き、ふりかけ、

   チーズとブロッコリーのサラダ


全体的な傾向として、朝、昼は少なめで、夜はボリュームがあり

一汁、主菜、副菜のバランスよく出てきた感じです。

入院食ですから塩分量等の計算もきちんとされているはずですし、

安心して食べられますね。

(個人的にはちょっと鮭とかしょっぱかったんですが)

―食後―

食べる時は看護婦さんがお盆に乗せて持ってきてくれますが、

食べ終わったら各々で容器を返却しに行きます。

飲み物は温かい緑茶が出ますが、部屋の外にやかんが置いてあるので

おかわりしたかったら自分で入れに行きますわ。


そして内服薬がある人は食事の時間が終わる頃に看護婦さんが

薬を持ってくるのでのみます。



痔ブリールメモ



まず一言・・・おいしゅうございましたわ

昔やっていた某中華料理アニメのように

「ウマいッ!」「ウマァァァァいッ!」

と叫びながら溢れる光と共に椅子ごとボヨヨーン!ボヨヨーン!

と飛び跳ねたり鳳凰と一緒に飛んだりする程
はうまくありませんでしたが、

普通に食べてて「ああ、美味しいな、これ」と思うくらいには

おいしかったです。


何故こんなことを書くかというと、

夫を含めこの病院に入院したことがある人は、口を揃えて

あの病院はメシがまずかった」というんですわよね。

フライはお年寄りの入れ歯が刺さるんじゃないかというくらいカチカチだし

味付けはおかしいし米すらまずいというお話で。


その凄まじさは一緒に食べた医師の先生が「これやばいよな・・・

とボソっというほど。

治すどころか殺しにかかってくるような食事だったそうです。



しかし面白いと思うのは、人は美味しいものを食べた時より

まずいものを食べた時の方が熱く語りますわね。

美味しいものは「美味しかった」の一言で言い表せますし、

それ以上の賛辞は多少ひねって色々考えなければなりませんが、

まずさは「いかにまずかったか」をその10倍の語彙をもってしてでなければ

表現出来ない、というか気がすまない、噴水のように後から後からまずさを形容する言葉が

湧いてきます。


ワタクシの痔の語りと同じですわ。

ワタクシは自分が「いかに健康か」なんて長くて一分くらいしか語れませんが、

痔の話題だったらゆうに一時間は話してられますもの。

プラスの話題を長く話すというのはそれだけで一つの能力のような気がしますわ。


とにかく、ワタクシが食べた時はいたって普通の病院食でしたので、

業者を変えたのかもしれません。

そんなにまずかったのなら一度くらい食べてみたいと思いましたが、

具合悪い状態でそんなまずいものを毎食食べさせられたら

気力も減退しそうですわね。


食事に関してもう一つ特筆すべきことがあったのは、

入院している時はつわりが収まっていた」ということですわね。

家にいる時は寝転がっていても気持ち悪くてしょうがなかったのですが、

病院のベットでゴロゴロしている時は、全然気持ち悪くなりませんでした。

食事も普通に食べられますし、食べても気持ち悪くなりません。


ワタクシの母も

切迫流産で入院した時はつわりもでなかったしご飯もぺろっと食べられた

と言っていたので、おそらく「安静にする以外何もしなくていい」という

ストレスフリーな状態が精神を安定させ、その安定が身体にも

いい影響を与えているのだと思います。


自分で作ったものを食べなきゃいけない」というのは

なぜかつわりの時はすごくストレスなんですわよね・・・。

本当に不思議ですが。


日常生活では「~しなければいけない」という事が数多くありますし、

何もしなくていい、というのは気持ちを落ち着かせるんですわね。


3食きちんと食べたおかげで、

痔が少しよくなった痔ブリールでした。

しかし産科の入院部屋で緑茶はよかったんでしょうか?


次回は「妊娠4ヶ月 入院編⑧ 部屋仲間」です。


↑お気に召しましたら「ポチッ」☆彡大歓迎


にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ
にほんブログ村 マタニティーブログへ
↑ランキングに参加しております。励みになりますのでよろしくお願いしますわ!

ボラギノールM坐剤10個

新品価格
¥1,100から
(2013/11/3 21:26時点)

↑ステロイドを気にする妊婦の方にはこちらがお勧め。



妊娠4ヶ月 入院編⑥ 隠密でトイレ

妊娠四ヶ月 入院編

20131227⑤
気配を察知して遠回り

jibrille.jpg

ごきげんよう、皆様。痔ブリールですわ。

師走もあと一日で終わりですわね。

思えば妊娠がわかった6月からあっという間でしたわ。

痔ブリールのブログは「なるべく毎日更新」ですので。

特別な用がない限りは毎日更新していきたいと思います。


いえ、これから出産がありますのでその時はさすがに

途切れるかもしれませんね。

いきなり途切れたら「ああ、今産んでるんだなあ」と思って下さいな。



妊娠4ヶ月 入院編⑥ 隠密でトイレ


20131227④
真に恐ろしいのは使用中のランプが故障でつかない事

―トイレ―

トイレは車椅子でも入れる引きカーテン式の広めの個室と、

通常の個室、二種類ありましたわ。

ワタクシは点滴をつけていて、通常の個室に入ると車輪部分が「ガコガコ」と

ぶつかって嫌だったので、引きカーテン式の方を使用していました。


―頻度―

かなりトイレへ行く頻度が高かったと記憶しています。

部屋は空調がきいて乾燥しているので、水分をよく取りますし、

点滴で身体の水分量が増える分トイレもそれはそれは近くなります。

ですので昼間だけでなく、夜中も寝入ったあと1~2回はトイレに

行きたくなって目が覚めていましたわ。


―痔―

それなりに痛かったし出血もしていましたが、

水分をよく取る」+「入院中はしっかり食事をしていた」こともあってか、

少し苦しみが和らぎました。

ただ出すのに時間がかかるので、トイレの前で人の足音がすると

この人まだ入ってるよ、うんこかよ」と思われるのが嫌で

忍者のように気配を消していましたわ。

まあうんこなんですけれどもね!



痔ブリールメモ


トイレに関しては、少々近くなったくらいでそれ程苦労した

記憶はありませんが、トイレに行き着くまでが大変な時がありました。


3日目に点滴を犬と散歩しているような気分

引っ張って歩いていると(出すのは犬ではなくワタクシです)、

トイレ目の前のソファーに泣きながらうずくまる女性と、それを慰める看護婦さんが。


通りすがりざまに聞こえた話によると、その女性はとてもつわりが重く、

ほとんど何も食べられないので入院したようです。

女性は個室のようだったので顔を見かけることは少なかったのですが、

時々廊下をビニール袋と洗面器を持ちながら歩いているのを

見たことがあります。

(どうやら彼女は唾つわりだったようです。

唾つわりは自分の唾さえ気持ち悪くなって唾を吐きたくなります)


女性の声はほとんど聞こえませんでしたが、看護婦さんの

点滴してるから食べられなくてもちゃんと栄養は取れてますから。

赤ちゃんはちゃんと育っているって先生は言ってますよ。

と慰める声が聞こえてきます。


でも・・・ッ」「でも・・・ッ」と言う言葉が嗚咽の間から

漏れているのを聞くとどうにも居たたまれない気持ちになり、

なるべく彼女たちの方を見ないで「聞いてませんよ」という顔をして

トイレに行きました。

そして戻る時は反対側の出口から出て遠回りをして帰って行きました。


それから30分後、またトイレに行きたくなった私は

ううん30分だとまだいそう・・・気まずい」と思い最初から

遠回りでトイレに向かいました。

ちらっと遠くを横目で見るとやはりまだいて泣いています。


それから一時間後、またトイレに行きたくなり、

さすがにもういないかな?」と思って普通の道で行こうとしたら

・・・・ああ、まだいる・・・。


ちょっと近づいてしまいましたが引き返してまた遠回りでトイレへ。

さすがに三時間後はもういませんでしたが、

ワタクシも気まずいですし、向こうの女性も自分が泣いているところは

見られたくないだろうし、非常に気を使った日でしたわ。


ワタクシは忍者なんだ忍者なんだ」と思い込むようにして

トイレに通った痔ブリールでした。


次回は「妊娠4ヶ月 入院編⑦ 食事」です。


↑お気に召しましたら「ポチッ」☆彡大歓迎


にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ
にほんブログ村 マタニティーブログへ
↑ランキングに参加しております。励みになりますのでよろしくお願いしますわ!

ボラギノールM坐剤10個

新品価格
¥1,100から
(2013/11/3 21:26時点)

↑ステロイドを気にする妊婦の方にはこちらがお勧め。



妊娠4ヶ月 入院編⑤ お風呂

妊娠四ヶ月 入院編

jibrille.jpg

ごきげんよう、皆様。痔ブリールですわ。

実家に帰ったらいつの間にかお風呂場がリフォームされていて

エアコンがついていましたわ。

父(痔ョセフ)が寒い寒いというものだから

給湯器を直すついでに取り付けたらしいです。

この時期、お風呂場に入って寒さで心臓が「ウッ」と

なることもありますので、それを考えればまあ悪くないですわね。


さて、本日は「妊娠4ヶ月 入院編⑤ お風呂」です。


妊娠4ヶ月 入院編⑤ お風呂


20131227③

―設備―

お風呂場はシャワーのみのわりには結構広いスペースで、

備え付けの椅子が置いてありました。

よくお風呂場にあるようなのではなく、普通の椅子と同じ大きさで、

水に濡れても大丈夫なタイプのものでしたわね。

プールとかに置いてあるやつと似たタイプです。


お腹が大きくなるとかがんだり腰を深く落として座ると

立ち上がりにくくなりますので、それを考慮してあるのでしょう。


―時間―

一人辺りの持ち時間は15分ですわ。

朝になると順番表が張り出されていて、自分の使う時間も

指定されています。

ですがズレも出てきますので、終わったら次の人を呼びに行く、

という感じですわね。自分も呼ばれに来るのを部屋で待っています。


―準備―

入浴道具を持っていくのは当然ですが、ワタクシの場合点滴もしてましたので

次の人どうぞ」と呼ばれたあとは、

それを外してもらいにナースステーションに向かいます。

点滴の管を外し(針は外しません)テープで固定し網をかけたあと、

サランラップでぐるぐる巻きにして水が入らないようにします。

点滴台はナースステーションに預けて、戻ってきたらまたつないでもらいます。


―入浴後―

点滴を付けてもらう前にドライヤーを借りて髪を乾かします。

普段はドライヤーを使わない、という人もいるかもしれませんが、

濡れたままでいて万が一にも風邪をひいたら病院側も困りますので、

乾かすのが原則のようです。

乾いたらドライヤーを返却&点滴付け直しをし、次の人を呼びに行って

終了です。



痔ブリールメモ



正直お風呂の時間が一番焦りましたわ!

なんといっても割り当て時間が15分・・・普通の状態でしたら

まあ「急げばいけるかな」というところですが、

点滴でよくなっているといってもまだ本調子じゃありませんし、

通常時より体の動きがスローなわけです。


それにプラスして前の人に「どうぞ」と言われてから

点滴を外してもらうので、もうそれだけで5分から7分は経ち、

実質お風呂に使える時間は10分位・・・。


お風呂は汚れを落とすためだけでなく、リフレッシュの意味合いもあると思いますが、

全然精神的な気持ちよさはありませんでしたわね。

むしろ痔ブリールの頭の中では、ハートマンのような厳しい上官に

貴様!ちんたら風呂に入りおって!のろまの亀以下の以下の以下だッ!

と言葉のムチをビシバシ浴びるのを想像してしまうくらい焦っておりました。


でも2、3日目からは「そんなに急がなくてもいいんだ」と周りの様子を見て

わかってきましたので、少し気持ちに余裕がでましたわ。

お互い様といった雰囲気でした。


あと、このお風呂で特に感じたのが

看護婦さん同士の情報共有がない」ということ。

初めて入院した日、夜担当の看護婦さんはワタクシに

先生の許可がないとお風呂に入れない」と言ったのですが、

次の日の昼担当の看護婦さんは何も聞いておらず、

普通にワタクシをお風呂の順番表に組み込んでいましたわ。

夜の看護婦さんにそんな風に言われたんですけど、と聞いてみましたが、

いや、別にそんなことなくて問題ありませんよ」とのお答え。


その他にもお風呂前の点滴処置を頼んだら

ちょっと今手が離せないので他の人に頼んでおきますね

と行ったきり放置・・・。

通りかかった別の看護婦さんに聞いてみたら、「聞いていない」の一言。

(その方が処置してくれました)


最後退院する日も、

午前中に退院するからお風呂には入らない

と伝えたんですが、もうこの日になるとワタクシにも読めていましたが、

バッチリ私の前の人が「お風呂空きましたよ」と呼びに来ましたわ。


お風呂以外にもそんなことは細々とありましたが、

痔ブリールがこれらのことから一つ学んだのは、

看護婦さんはそれぞれ担当の仕事がはっきり決まっている

ということです。

裏を返すと「担当以外の事を聞かれたり頼まれたりしても困る

ということですわね。


やるべきことが多すぎるのが問題なのでしょうが、

ワタクシが聞いたり頼んだりしたことのように緊急性がない場合は、

それ以上にやらなければならないことに集中するのは仕方ないですわね。

一度忘れられてもこちらから働きかけるしかありません。


これも前に話した「1対多数」に当てはまる構図です。

ワタクシが1対1で話しているつもりでも、相手は1対多数。

そういう場合はこちらが逐一、様子を見計らって色々言うしか

ないですわ。


今は家に帰ってきてゆっくり湯船に浸かっていますわ。

幸せですわねぇ・・・。

痔ブリールでした。


次回は「妊娠4ヶ月 入院編⑥ 隠密でトイレ」です。


↑お気に召しましたら「ポチッ」☆彡大歓迎


にほんブログ村 病気ブログ 痔(ぢ)へ
にほんブログ村 マタニティーブログへ
↑ランキングに参加しております。励みになりますのでよろしくお願いしますわ!

ボラギノールM坐剤10個

新品価格
¥1,100から
(2013/11/3 21:26時点)

↑ステロイドを気にする妊婦の方にはこちらがお勧め。



主な登場人物

jibrille.jpg
痔ブリール
大都会埼玉から
憧れの都ガンダー・・・
ではなく神戸に越してきた
華々しきヴァーチャルリアリティ。
臀部(痔)の様子を伺うのが
ライフワーク。
最近は虫歯に悩む。

otto.png
夫さん
痔ブリールの夫。
食事中に痔の話をされても
穏やかに流す出来たヤツ。
痔ではない。

twitter

更新情報等はtwitterにて♡

☆作品関係☆

アルファポリスで連載中
墓守りイルと
加護無しジリー

ジリー紹介
機械神の加護無しジリーと
魔法使いで墓守の男イルの
ケルト風味な物語。 

⇒見るにはここをクリック


アルファポリス連載中
ヤサグレ魔女は
人外にモテて
夜も眠れない

ヤサグレ紹介
異世界に来てヤサグレた
日本人女性の魔女と
欲望に満ちた人外の話

見るにはここをクリック⇒

ラインスタンプ
inu.png
「はなぐろまゆげ」
☆ラインスタンプ☆
▽・w・▽




お客様数

広・告!

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

最新コメント

宣伝ですわよ!

リンク

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR